モグワンの最適な量を見つける方法|子犬・老犬の給与量には要注意!

愛犬に合った

最適なモグワンドッグフードの量、

知っていますか?

 

もちろん知ってるよ!

 

だって、モグワンには

ちゃんと給与量が書かれてるから…

 

モグワン 画像1

 

もしかして、

こんな感じで思っていませんでした?

 

間違いではないのですが、

「100点満点をあげれるか」というと、

そうではありません。

 

なぜかと言うと…

 

モグワンに書かれた給与量は

「ホントに愛犬に合った最適な量」

ではないから。

 

そのことを知っているかどうかで、

今後ますます大きな差が表れてきます。

 

これから先の愛犬の体のためにも、

この記事を読んで

「最適なモグワンの量」というものを

マスターしてみてください。

 

今回の記事では、

  • 愛犬に合った最適なモグワンの量
  • 子犬と老犬にモグワンを与えるときの注意点

 

この辺りを、特に詳しく紹介していきます。

 

個人差でモグワンは与える量が変わる!

では、愛犬に与える最適な

モグワンドッグフードの給与量を

詳しく見ていきましょう。

 

 

体重

成犬(1日の給与量)

子犬(1日の給与量)

1~1.5kg

33~45g

41~55g

1.5~2kg

45~56g

55~68g

2~2.5kg

56~68g

68~84g

2.5~3kg

68~76g

84~93g

3~3.5kg

76~83g

93~102g

3.5~4kg

83~89g

102~110g

4~4.5kg

89~96g

110~119g

4.5~5kg

96~104g

119~128g

5~6kg

104~118g

128~145g

6~7kg

118~132g

145~163g

7~8kg

132~146g

163~180g

8~10kg

146~175g

180~215g

10~12kg

175~203g

215~250g

12~14kg

203~230g

250~285g

14~17kg

230~273g

285~337g

17~20kg

273~316g

337~390g

20~23kg

316~358g

390~442g

23~27kg

358~414g

442~512g

27~30kg

414~457g

512~564g


一般的には、

紹介した表を参考にしながら

愛犬の給餌量を考えていく

という方法が普通です。

 

もちろん、

それでも犬の健康上には問題ありません。

 

でも…

良く考えてください。

 

同じ犬種で同じ体重、

同じ年齢の犬であれば…

 

ホントに与える餌の量は

“一緒”でよいのでしょうか?

 

私は、

そうは思わないんですよね。

 

だって、

条件が同じであったとしても、

体質などの「個性」は

絶対に一匹一匹違っていますから。

 

個性が全く同じってことは、

あり得ません。

 

つまり、

ここに書いている給与量は

あくまでも目安。

 

住んでいる環境や体の状態で、

その犬にあった餌の量は変わってくるのです!

 

何度も同じことを言っているようですが、

「最適な給餌量を見つけるのが大切!」

という事を再確認してもらいたくて、

念を押して紹介しました。

 

最適なモグワンの給与量を求める手順

それではまず、

最適なモグワンの給与量を見つける

大まかな手順を紹介します。

 

  1. 犬が生活していくために毎日摂取しないといけないエネルギー「必要カロリー」を求める
  2. 求めた必要カロリーからモグワンの給与量を求める

 

大きく分けて、

この2つの手順から

愛犬のえさの量を求めることが出来ます。

 

必要カロリーの求め方

早速、1つ目の手順

必要カロリーの求め方

から説明していきますね。

 

「必要カロリー」は、

犬が生活していくために

毎日摂取しなければいけない

エネルギーを言います。

 

簡単にいうと、

このカロリーより少ないエネルギー摂取だと、

痩せたり何となく元気がなくなったり…

 

逆に、このカロリーより

多くのエネルギーを取っていると、

太っていくわけです。

 

愛犬の体に大きく関わる部分なので、

ひとつひとつの計算を

丁寧に行っていきましょう。

 

求めるための計算式は、

必要なカロリー=70×適正体重の0.75乗×ライフステージ係数

このようになります。

ライフステージ係数…子犬・成犬・老犬などの年齢や犬の環境に合わせて計算し導き出された値

 

と言ったものの、

これだと難しくて…

 

何を言っているのか

さっぱりだと思います。

 

そこで、

先ほどの式を分かりやすく

4つの手順で表したものがこちら↓

 

  1. 愛犬の体重を3乗する
  2. 1で出てきた数字の平方根(√) × 平方根(√)
  3. 70をかける
  4. ライフステージ係数をかける

 

上記4のライフステージ係数

こちらになります↓

 

犬の状態

ライフステージ係数

4ヶ月までの子犬

3.0

4ヶ月~12か月までの子犬

2.0

去勢・避妊をしている成犬(1~7歳)

1.6

去勢・避妊をしていない成犬(1~7歳)

1.8

去勢・避妊をしている老犬(7歳~)

1.2

去勢・避妊をしていない老犬(7歳~)

1.4

肥満または肥満気味の犬

1.2~1.4

妊娠1~4週目の犬

2.0

妊娠5~6週目の犬

2.5

妊娠7~8週目の犬

3.0

 

実際に試してみると、

分かりやすく直したものの…

結構ややこしい計算が必要でした。

 

間違わないためにも

電卓」を使って計算することをおすすめします!

 

時間と手間を考えるなら

「電卓」があったほうが断然早いです。

 

愛犬の必要カロリーを求めてみよう!

ここまでの計算の流れ、

何となく分かってもらえましたか?

 

「いや、いまいち分からなかった…」

と感じた人もいるかもしれません。

 

なので今度は、実際に私と一緒に

必要カロリーを求めていきましょう!

 

私は「我が家の愛犬」を

例に1~4の手順を進めていくので、

あなたは「あなたの愛犬」の

必要カロリーを求めてみてくださいね。

 

下の写真が愛犬です↓

愛犬サム 画像1

 

まずは、式の計算で使う情報から

あらかじめ書き出しておきます。

 

  • 体重(愛犬:8kg)
  • 状態(愛犬:去勢済みで13歳の高齢犬)
()の中には、
あなたの愛犬の情報を入れてくださいね。

 

手順その1「愛犬の体重を3乗する」

愛犬は体重が8kgなので、

「8kg × 8kg × 8kg = 512kg

となりました。

 

手順その2「平方根(√)かける平方根(√)」

ここから一気に、

計算が難しくなるので電卓の準備を!

 

「手順その1」で出てきた数字、

ここでは「512」に

平方根(√)をかけるために、

電卓の「√(ルート)」のボタンを

2回押してください。

 

その動作をして出てきた数字が

4.757…」です。

 

手順その3「70をかける」

「手順その2」で出てきた数字、

ここでは「4.757…」に

「70」をかけていきます。

 

4.757×70=332.99

 

ここでは「332.99」となりました。

 

手順その4「ライフステージ係数をかける」

次は「手順その3」で出てきた数字に

ライフステージ係数をかけていきます。

 

愛犬の場合、

「去勢済みで10歳の高齢犬」なので

上記のライフステージ係数表を見ると…

 

係数は「1.2」に当てはまります。

 

332.99×1.2=399.588

 

つまり、

約400kcalが必要カロリーになりました!

 

1日に必要なモグワン量の求め方

愛犬の必要カロリーは

無事に求められることが出来ましたか?

 

それでは次に、

2つ目の手順

「1日に必要なモグワン量」を求めていきます。

 

モグワンの量の求め方

1日に必要なモグワン量の計算の仕方は、

「必要カロリー(※)」÷「モグワンのカロリー344kcal(100gあたり)」×100g

このようになってます。

 

「必要カロリー」のところには、先ほど求めたカロリーを入れてください。

愛犬の場合だと、

「400kcal÷344kcal×100g」

という計算式になるので、

 

1日に必要なモグワン量は

116g」という結果になりました。

 

こう見てみると…

 

パッケージに書かれた給与量との差が

30g近くあることが分かりました。

 

差が出てしまった理由としては、

モグワンの裏に書かれている給与量には、

去勢や老犬などの条件が

含まれていなかったためです。

 

少し面倒くさい

計算をしなければいけませんが、

愛犬の体に合った

給与量に近いものが求めれるため、

必ず一度は実践してみてください。

 

【最新情報】子犬・老犬のモグワンの給与量はコレ!

上記の計算方法でも、

しっかりモグワンの給与量は出るのですが…

 

最新の給与量が

表となって出ていたので

ご紹介しておきますね。

モグワン 最新の給与量 画像1

モグワン 最新の給与量 画像2

 

この表に沿って、

私の愛犬の給与量を調べましたが、

だいたい合っているようです。

 

シニア犬 5~10kg 82~138g

 

赤枠の所が、愛犬の給与量。

 

愛犬は体重8kg。

 

この表から給与量を割り出すと

1kg当たり11gほど

増えている感じなので、

115~116gぐらいですね。

 

割と簡単に計算できるので、

楽ですよ^^

 

ごく最近(14歳と6ヶ月)の
愛犬の体重は、7.5kgでした!

 

なので、給与量を計算すると、
110gといったところでしょうか。

ただし、我が家では、

愛犬に与えるモグワンの量を

少し減らしています。

 

その訳は…

この下の記事を読んでもらうと分かりますよ^^

 

「子犬」にモグワンを与えるときの注意

 

それでは次に、

モグワンを与えるときの注意点について、

  • 子犬
  • 老犬

に絞って話をしていきます。

 

モグワンは全ライフステージに

適応したドッグフードなので、

離乳期を終えた生後4ヶ月以上の子犬は

食べることが出来ます。

 

しかし、

離乳期が終わったからといって、

いきなりモグワンに変えるのは

やめてください!

 

流動食から固形の餌に

変わるタイミングで、

子犬が驚いてしまいますから。

 

与え方としては、

これまで食べてた離乳食と

モグワンを混ぜながら

1週間~2週間かけて、

少しずつ変えていきましょう。

 

子犬によってはモグワンの食感に

慣れるまでに時間がかかる子もいるため、

焦らずにゆっくりで大丈夫です^^

 

それから、子犬の頃は

「給与回数」も成犬とは異なっていて、

 

  • 生後4~5ヶ月は「1日3~4回 」
  • 生後6~12か月は「1日2~3回」

 

これを目安に

モグワンを与えるようにしてください。

 

1日の時間を給与回数で割って、

与える時間を決めてみてください。

 

また、子犬の飼い主さんに多い悩みで

「食欲がありすぎて肥満が心配」

ということがあります。

 

が、子犬の時期は

犬生史上、最も食欲旺盛です!

 

特に「生後6か月目が食欲のピーク」

と言われているので、

この時期辺りから、

だんだんと食の欲求も落ち着いてくるはず。

 

今は、あまりの食欲の良さに

不安があるかもしれませんが、

体が大きく成長する時期でもありますから、

多少太ったとしても問題ありません。

 

餌の量に関しては、

徐々に徐々に、調整してあげれば大丈夫です。

 

「老犬/高齢犬」にモグワンを与えるときの注意

老犬/高齢犬 画像

 

年齢を問わず、

幅広いライフステージまでの

犬が食べれるモグワン。

 

老犬(高齢犬)でも問題なく

食べれるドッグフードなのですが、

基本は成犬の栄養バランスで作られています。

 

そのため、老犬(高齢犬)に

「成犬」と同じ量の餌を与えていると、

肥満になることも…

 

なので、

老犬(高齢犬)にモグワンを与えるときは、

パッケージに書かれた給与量の数字よりも、

少し減らして与えるといいでしょう!

 

我が家の愛犬サムの場合、
上記の給与量の計算では
110gでしたが…

 

実際には1日朝夕の2回、
50gずつ
モグワンを与えています。

モグワン 給与量 50g 画像

 

合計でいうと、

1日100gという計算になりますね。

愛犬サム 画像2

 

少し少ないかもしれませんが、

朝夕の私たちの食事のときに

野菜などをちょっと与えたりするので

あえて減らしているのです。

 

あわせて読みたい記事

愛犬にモグワンを食べさせて ホントに大丈夫かな…   なんて、 安全面や食いつきのことで 不安になっていませんか?     食べてくれないかも… […]

 

あとは紹介した計算方法を使って、

犬に合った給与量を求めることも大切。

 

7歳ごろからは

消化機能の低下が始まるため、

それに伴い食欲低下も起こります。

 

ですが、老犬なら

どんな犬でも起こる自然な現象なので、

焦らなくても大丈夫ですからね。

 

また、老犬(高齢犬)になると、

1日の目安のモグワンを

食べれない場合があります。

 

そんなときは

「食事の回数を増やす」

という事をしてみてください。

 

もし、それでもダメなときは、

無理をして食べさせなくても

問題ありませんので。

 

硬くて食べにくそうであれば

お湯でふやかして食べさせてあげる、

などの工夫も大事ですよ。

 

モグワンの給与量を守っているけど肥満になった場合

 

ここまで、

モグワンの最適な量について

話をしてきましたが…

 

給与量を守っていたけど肥満になった…

 

こんなことが起こった時には

どうすればいいのでしょうか?

 

万が一の場合に備えて、

ここで対処法を紹介していきます。

 

「太ってきたかも」と思ったときはまず、

  • 人間の食べ物をあげていないか?
  • 量は少なくてもおやつを与えてないか?
  • しっかり運動をさせてるのか?

 

この3つを

きちんと確認するようにしてください。

 

その理由として、

基本となる生活が乱れていると、

人間の場合もそうなんですが、

太りやすい体質になってしまいます。

 

ですから、最初に

今の時点での犬の生活環境を

見直してもらうために、

3つの質問を自問自答する

必要があるわけです。

 

給与量を守っているけど

愛犬が肥満になる場合は、

まずは、愛犬の周りの生活面から

見つめ直していきましょう!

 

余談ですが…

 

ちなみに、我が家の愛犬は、
かかりつけの動物病院の先生から、
「この子の年齢を考えると
体重が8kgを超えたら肥満傾向になるので
現在の7.5kgがちょうどよいです」
と言われています。

 

犬が1kg太ると…
人間でいうと、
10kgぐらい太ったのと同じぐらいだとか。

それでも改善しないときは…

そもそも、モグワンの給与量が

体に合ってない可能性があるので、

5gずつ餌の量を減らしてください。

 

この時、

体に対する餌の量が少ないと、

便がコロコロして硬くなります。

 

硬くもなく

柔らかくもない便ができるようになれば、

体に合った給与量と判断するといいでしょう。

 

ここまでをまとめると、

「太ってしまったときはまず、

生活環境を見直し、

その後に餌の量を見直す」です。

 

関連記事

「最近うちの子、太り気味なんだよね…」   「元気に長生きしてほしいから、 これ以上太らせたくない」   今まさに、こういう思いから 毎日のご飯をモグワンドッグフードに 切り[…]

 

モグワンの給与量を守っているけど足りていない場合

それからもうひとつ。

 

「給与量を守っているけど足りてない」

という場合の対処法も紹介します。

 

モグワンには

犬に必要な栄養が含まれているので、

追加で餌を与える必要はありません。

 

しかし、

そんな愛犬の姿を見ていると

飼い主として心が痛くなります。

 

そんな時は、

モグワンの給与量を増やすのではなく、

お腹を満たすものを

モグワンドッグフードの上に

トッピングをしてあげましょう!

 

おすすめのトッピングとしては、

  • 野菜
  • 低カロリーのササミ

 

この2つが良いのかなと。

 

生のままでもいいですし、

茹でても問題ありませんので。

 

ただし、

トッピングを乗せすぎてしまうと、

元々のモグワンの

栄養バランスが崩れてしまいます。

 

トッピングは

「給与量の25%以下」になるようお願いします。

 

まとめ

給与量の基本は、

モグワンのパッケージ裏に

書かれた通りにすること。

 

しかし、

犬によって体に合う量が違うため、

愛犬に合った

最適な餌の量を見つけることも大切です!

 

最適なモグワンの給与量を見つける計算式は、

  • 必要なカロリー=70×適正体重の0.75乗×ライフステージ係数
  • 1日に必要なモグワン量=「必要カロリー」÷「モグワンのカロリー344kcal(100gあたり)」×100g

 

少々厄介な計算になるので、

電卓を使うと

スムーズに求めることが出来きます。

 

モグワンは

どんな年齢のわんちゃんでも食べれて、

栄養バランスも優秀なドッグフード。

 

ですから、

最適な給与量さえ分かってしまえば、

急激な体重増加や減少の心配も

なくなると思います。

あわせて読みたい記事

モグワンを与えてみたけど、 一向に食べてくれない…   そんな悩みありませんか?   大切な愛犬を思って 選んだドッグフード「モグワン」。   なのに、 "[…]

最新情報をチェックしよう!
>モグワンで愛犬の健康作りしませんか?

モグワンで愛犬の健康作りしませんか?

厳選された原材料、高タンパク質で栄養バランスが良いドッグフード、それがモグワン。愛犬の健康の秘訣は他にもあるでしょうが、我が家では「モグワン」が一番の健康作りになっています♪

CTR IMG